コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーモンド(扁桃) アーモンドPrunus amygdalus; almond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーモンド(扁桃)
アーモンド
Prunus amygdalus; almond

バラ科の落葉高木。ハタンキョウ (巴旦杏) ,アメンドウともいわれ西アジア原産。地中海沿岸で改良され,現在はアメリカのカリフォルニアで盛んに栽培されている。日本には明治初年に輸入されたが,気候の相違から栽培は成功しなかった。モモに近い種類であるが果肉は薄くて食用にならず,核に包まれた大型の種子が利用される。スイートアーモンド (甘扁桃) とビターアーモンド (苦扁桃) の別がある。前者は洋菓子の原料やいわゆるナッツとしてそのまま食し,アーモンドといえばこれをさす。後者はアミグダリンを含むため苦く,種子から杏仁水をとって薬用,化粧用,香料に使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android