コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーモンド(扁桃) アーモンドPrunus amygdalus; almond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーモンド(扁桃)
アーモンド
Prunus amygdalus; almond

バラ科の落葉高木。ハタンキョウ (巴旦杏) ,アメンドウともいわれ西アジア原産。地中海沿岸で改良され,現在はアメリカのカリフォルニアで盛んに栽培されている。日本には明治初年に輸入されたが,気候の相違から栽培は成功しなかった。モモに近い種類であるが果肉は薄くて食用にならず,核に包まれた大型の種子が利用される。スイートアーモンド (甘扁桃) とビターアーモンド (苦扁桃) の別がある。前者は洋菓子の原料やいわゆるナッツとしてそのまま食し,アーモンドといえばこれをさす。後者はアミグダリンを含むため苦く,種子から杏仁水をとって薬用,化粧用,香料に使用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android