コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーリヤ・サマージ Ārya Samāj

世界大百科事典 第2版の解説

アーリヤ・サマージ【Ārya Samāj】

近代インドにおけるヒンドゥー改革運動団体の一つ。西欧列強の圧力とキリスト教などの宗教思想の流入にたいする危機感から,19世紀には各種の復古主義的な宗教改革運動がインドの大都市を中心に展開した。アーリヤ・サマージ(アーリヤ協会)もその一翼を担ったものであり,1875年,ダヤーナンダ・サラスバティーの提唱でボンベイに設立され,ボンベイ周辺だけでなくパンジャーブ州,ウッタル・プラデーシュ州にもとくに大きな影響を及ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アーリヤ・サマージの関連キーワードダヤーナンダ・サラスバティーサーンクリティヤーヤンラージパット・ラーイヒンドゥー至上主義アーリヤ・サマージベーダ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android