コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーリントン(伯) アーリントン[はく]Arlington, Henry Bennet, 1st Earl of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーリントン(伯)
アーリントン[はく]
Arlington, Henry Bennet, 1st Earl of

[生]1618. サフォーク,リトルサクスハム
[没]1685.7.28. サフォーク,ユーストン
イギリスの政治家。清教徒革命には国王派として参加し,敗戦後は亡命。王政復古により帰国,1662~74年の間,国務卿としてチャールズ2世を補佐した。カバルの一員で,旧教徒としてドーバー条約の秘密折衝にあたった。 72年伯爵に叙せられたが,74年王の手先として議会で弾劾され,国務卿を辞して宮内卿になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アーリントン(伯)の関連キーワードビーラー・ホラの戦クラッセクールプラハ窓外放出事件三十年戦争デカルトマウリッツアウラングゼーブ明石城伊藤宗看

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android