イイダコ(飯蛸)(読み)イイダコ(英語表記)Octopus ocellatus

世界大百科事典 第2版の解説

イイダコ【イイダコ(飯蛸) Octopus ocellatus】

頭足綱マダコ科のタコ(イラスト)。小型で全長約30cm。マダコとほぼ同じ体型で,胴は卵形黄褐色から黒褐色。表面は小顆粒(しようかりゆう)で覆われているほか,断続する黒色縦線がある。頭の背面の間には四角い黄金紋があり,眼の直前の傘膜(さんまく)の上には金色の輪状紋があるのが特徴。産卵期は冬で,200~600個の卵を海底に落ちている貝殻,あるいは瓶や空缶の中に産みつけ母ダコが保護する。40~55日で孵化(ふか)し,1年で成体になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android