コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェイエル Geijer, Erik Gustaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェイエル
Geijer, Erik Gustaf

[生]1783.1.12. ベルムランド,ラーンセーテル
[没]1847.4.23. ストックホルム
スウェーデンの詩人,歴史家。歴史研究を通じて民族意識を高めようとした「ゴート連盟」 Götiska förbundetの創立者の一人であり,ロマン派詩人としてアッテルボム,テグネールらとともに詩の黄金時代をつくった。ウプサラ大学卒業後,イギリスを旅行,大きな影響を受けた。 1817年から母校の歴史学教授。 38年『文学のしおり』 Litteratur bladetを発刊後,急進的自由思想に「変節」して,政治,評論の場でロマン主義攻撃に転じた。主著『詩集』 Dikter (1811~14) ,『スウェーデン年代記』 Svea rikes räveder (25) ,『スウェーデン人の歴史』 Svenska folkets historia (32~36) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イェイエルの関連キーワードスウェーデン文学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android