コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェスタ・ベルリング物語 イェスタベルリングものがたりGösta Berlings saga

1件 の用語解説(イェスタ・ベルリング物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イェスタベルリングものがたり【イェスタ・ベルリング物語 Gösta Berlings saga】

スウェーデンのラーゲルレーブの小説。雑誌の懸賞に応募し入選した作品で,彼女の出世作となった。1891年刊。大酒飲みのために教会を追われた牧師イェスタ・ベルリング主人公に,作者の郷里ベルムランド地方の伝説・民話を素材にして書いた長編小説である。社会の有閑分子が勤労と奉仕の生活に目覚めるというテーマをふまえたものではあるが,彼女の詩情豊かな文章はそれを教訓臭くしていない。森鷗外訳《牧師》(1925)はこの作品の第1章の全訳である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone