コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェスタ・ベルリング物語 イェスタベルリングものがたりGösta Berlings saga

世界大百科事典 第2版の解説

イェスタベルリングものがたり【イェスタ・ベルリング物語 Gösta Berlings saga】

スウェーデンのラーゲルレーブの小説。雑誌の懸賞に応募し入選した作品で,彼女の出世作となった。1891年刊。大酒飲みのために教会を追われた牧師イェスタ・ベルリングを主人公に,作者の郷里ベルムランド地方の伝説・民話を素材にして書いた長編小説である。社会の有閑分子が勤労と奉仕の生活に目覚めるというテーマをふまえたものではあるが,彼女の詩情豊かな文章はそれを教訓臭くしていない。森鷗外訳《牧師》(1925)はこの作品の第1章の全訳である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イェスタ・ベルリング物語の関連キーワードセルマ ラーゲルレープスウェーデン映画スウェーデン文学スティルレルスウェーデン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android