コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェプーン Yeppoon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イェプーン
Yeppoon

オーストラリア北東部,クイーンズランド州中部東岸にある海浜保養地。ロックハンプトンの北東 42km,州都ブリズベンの北 700kmに位置する。町の名はオーストラリア先住民に由来すると考えられている。1865年からヨーロッパ人が住み始めた。農業,製材業,果樹栽培が行なわれる。熱帯と温帯の植物や鳥が同時に見られる場所であるため,博物学者の注目を集めている。エビ漁などが行なわれる漁場中心地で,水産加工場があるほか,製材所,煉瓦などの工場がある。砂浜や湖,砂崖などがあり,グレートバリアリーフにも近いため,重要な観光地となっている。人口 8810(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android