コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエロー・ジャーナリズム イエロージャーナリズム

3件 の用語解説(イエロー・ジャーナリズムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イエロー・ジャーナリズム

スキャンダル,センセーショナリズムを売物にするジャーナリズムをさげすんでいう言葉。1890年代のアメリカで行われた,ピュリッツァーの《ニューヨークワールド》とハーストの《ニューヨーク・ジャーナル》との間の激烈な競争からこの言葉が生まれた。
→関連項目新聞ニューヨーク・タイムズペニー・ペーパー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエロー・ジャーナリズム
イエロージャーナリズム

イェロー・ジャーナリズム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエロー・ジャーナリズム
いえろーじゃーなりずむ
yellow journalism

扇情的な記事とはでな見出しを使い、低俗な興味を誘う報道をいう。1890年代のニューヨークで、ピュリッツァーの『ワールド』紙とハーストの『ジャーナル』紙が報道合戦を演じ、人気のあった色刷り漫画『イエローキッド』を作者(R・F・アウトコールト)ごと奪い合うほか、セックススキャンダル、犯罪を書き立てて部数競争を行ったことから、この種の新聞は「イエロー・ペーパー」とよばれるようになった。両紙の競争は、スペインキューバ植民地支配についても、事実を曲げ、事件を捏造(ねつぞう)するなど激化し、アメリカ・スペイン戦争(1898)を誘発する一因となったといわれた。センセーショナリズムと同意。[小松原久夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イエロー・ジャーナリズムの関連キーワードセクショナリズムセンセーショナリズムスキャンダラススキャンダルセンセーショナルブラックジャーナリズムラショナリズムscandalismネオナショナリズムイェロー・ジャーナリズム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イエロー・ジャーナリズムの関連情報