コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエロー・ブック いえろーぶっくThe Yellow Book

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエロー・ブック
いえろーぶっく
The Yellow Book

イギリスの季刊文芸・絵画雑誌。1894年4月に、病的な感受性をもった小説家ハーランドHenry Harland(1861―1905)を文芸部主任、怪異な構図で怪奇な幻想を描く挿絵画家ビアズリーを絵画部主任として創刊され、1897年4月まで13号にわたって刊行された、いわゆる世紀末の唯美主義芸術一派の代表的機関誌。黄色の厚紙に黒一色で描いたビアズリーの奇抜かつ斬新な表紙は、創刊当時大いに反響をよんだ。寄稿者には上記2人のほか、M・ビアボーム、H・ジェームズ、批評家E・ゴスEdmund Gosse(1849―1928)、詩人G・ムーアGeorge Moore(1852―1930)、W・B・イェーツなどがいる。[玉泉八州男]
『河村錠一郎著『ビアズリーと世紀末』(1980・青土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエロー・ブック
The Yellow Book

1894年4月ロンドンで発刊された挿絵入り文芸季刊誌。世紀末的,耽美的傾向の内容が,黄色地に黒一色で描かれたビアズリーの表紙絵の退廃味と相まって,この時期の最も代表的な文芸雑誌と認められた。寄稿者には,ワイルド,ビアボーム,A.シモンズ,E.ダウソン,L.ジョンソンらがあり,ほかにイェーツ,H.ジェームズらも加わった。きわだった特徴をもつ雑誌であるだけに風当りも強く,これを緩和するためにさらにセインツベリー,ゴスらの学者文人をも加えたが,このような妥協的態度が逆に発刊当初の気力をそぎ,97年4月,13号をもって廃刊となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イエロー・ブックの関連キーワードビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley)マックス ビアボームオープンガーデンストゥディオ後藤基治グレアム

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android