コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオニア[諸島] イオニア

百科事典マイペディアの解説

イオニア[諸島]【イオニア】

ギリシア西岸,アルバニア国境付近からペロポネソス半島南端に散在する島群。コルフ(ケルキラ),パクシ,レフカス,イターキ,ケファリニア,ザキントス,キティラの7島を主とする。オリーブ油,ブドウ酒を産し,重要な観光地でもある。14―15世紀はベネチア領,1797年―1799年はフランス領,1815年―1864年は英領であった。2307km2。21万2984人(2001)。
→関連項目イオニア海

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イオニア[諸島]【Iónioi Nísoi】

ギリシアの西岸に沿った七つの島々とその属島からなる島群。総面積2307km2,人口19万1000(1991)。北からケルキラ(一般にコルフの名で知られる),パクシ,レフカス,イターキ(古代名イタケー),ケファリニアザキントス(別名ザンテ),ずっと南に離れてキティラ。どの島も山が多いが,気候は温暖である。レフカス,ケファリニア,ザキントスの3島はしばしば地震に見舞われる。ブドウ酒,オリーブ油,果物などを産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イオニア[諸島]の関連キーワードコルフ[島]

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android