コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオニア[諸島] イオニア

2件 の用語解説(イオニア[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イオニア[諸島]【イオニア】

ギリシア西岸,アルバニア国境付近からペロポネソス半島南端に散在する島群。コルフケルキラ),パクシ,レフカス,イターキ,ケファリニア,ザキントス,キティラの7島を主とする。
→関連項目イオニア海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イオニア[諸島]【Iónioi Nísoi】

ギリシアの西岸に沿った七つの島々とその属島からなる島群。総面積2307km2,人口19万1000(1991)。北からケルキラ(一般にコルフの名で知られる),パクシ,レフカス,イターキ(古代名イタケー),ケファリニアザキントス(別名ザンテ),ずっと南に離れてキティラ。どの島も山が多いが,気候は温暖である。レフカス,ケファリニア,ザキントスの3島はしばしば地震に見舞われる。ブドウ酒オリーブ油,果物などを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イオニア[諸島]の関連キーワードカラスギリシア七つの海ギリシャ語ギリシャ哲学ギリシャ文字七つの星Μύκονοςギリシア棺謀殺事件ハジダキス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone