コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン選択性電極

2件 の用語解説(イオン選択性電極の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

イオン選択性電極

 ある種のイオンに選択的に応答する膜電極で,例えばナトリウムイオンに応答する膜電極を用いて食品中の食塩濃度を測定したりする.pHメーターもHに選択的に応答する膜電極を用いている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオン選択性電極
いおんせんたくせいでんきょく

特定のイオンに選択的に感応して、イオン濃度(活量)に応じた出力(基準電極に対する電位差)を発生する電極。イオン選択電極ともいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオン選択性電極の関連キーワード膜電位陽イオン酸素富化膜即座イオン輸送対イオン無機イオン選択係数電位‐pH方程式ネルンストの起電力の式

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone