コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオン選択性電極

栄養・生化学辞典の解説

イオン選択性電極

 ある種のイオンに選択的に応答する膜電極で,例えばナトリウムイオンに応答する膜電極を用いて食品中の食塩濃度を測定したりする.pHメーターもHに選択的に応答する膜電極を用いている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオン選択性電極
いおんせんたくせいでんきょく

特定のイオンに選択的に感応して、イオン濃度(活量)に応じた出力(基準電極に対する電位差)を発生する電極。イオン選択電極ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android