コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカナゴ(コウナゴ)

1件 の用語解説(イカナゴ(コウナゴ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イカナゴ(コウナゴ)

日本各地に生息するスズキ目の細身の魚。体長20センチ前後まで成長する。稚魚は海面近くに群れで生息し、成魚になると海底近くに移る。今回制限の対象になったのは稚魚のみ。東日本では稚魚をコウナゴと呼び、かき揚げしらす干しで食される。関西では釘煮と呼ばれる郷土料理が春先の風物詩になっている。操業には都道府県知事の許可が必要。水産庁の2008年の統計では、水揚げ高は全国で6万2116トン。このうち福島県は14%に当たる8711トンで全国4位、茨城県は7%の4222トンで6位。

(2011-04-21 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イカナゴ(コウナゴ)の関連キーワードメバルハゼあら湯鯉陸生赤身の魚ゴマサバ白身の魚ベルクマンの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イカナゴ(コウナゴ)の関連情報