イガクサ(毬草)(読み)イガクサ(英語表記)Rhynchospora rubra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カヤツリグサ科の多年草。アジア東部から南部,オーストラリア,日本では近畿以西の本州から琉球列島に分布し,日当りのよい低湿地に生える。は針金状で直立し高さ 30~70cm。葉は茎の基部に叢生し,幅 1.5~3mmの線形で長さは茎の半分ほど,基部は細い鞘となる。花期は8~10月で,頭状花序に1花を頂生する。頭花は 1.5~1.7cmの球形または半球形で,熟すと黄褐色を帯び,基部に開出する葉状の包を5~10枚つけ,包の長いものは花序の径の3倍に及ぶ。和名は,頭状花序の小穂がとがっているのをクリのいがに見立てたものであるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android