コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イガホオズキ(毬酸漿) イガホオズキPhysaliastrum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イガホオズキ(毬酸漿)
イガホオズキ
Physaliastrum japonicum

ナス科多年草。日本,朝鮮半島,中国東北部に分布する。山地林縁に生育し,茎はまばらに分枝して高さ 50~70cmになる。葉は互生し,卵形で長さ4~13cm。6~8月頃,葉腋から細い柄を出し,花を1~4個下向きにつける。花冠は黄白色,鐘形で,先は浅く5裂し,径 5mmほどになる。は5裂し,表面に軟毛を密生する。果期には,が果実全体を包み,表面に刺状の突起を出す。この特徴が和名の由来になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android