イガラ族(読み)イガラぞく(英語表記)Igala; Igara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イガラ族
イガラぞく
Igala; Igara

ナイジェリア,ベヌエ川との合流点より下流のニジェール川左岸に居住する民族。イスラム教徒で,言語はニジェール=コンゴ語派のクワ諸語に属する。彼らの支配者アタは,イガラ川とベヌエ川の間に住むバサ・ンゲ族とバス・ンコメ族も支配している。社会組織は専制君主制で,王は絶対権力を保持し,多くのタブーに守られていた。かつては人身供犠や首狩りも行われた。元来農耕民で,ヤムいも,タロいも,キャッサバのほかに穀物栽培も行い,油やしや穀粒が重要な換金作物となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android