イグナシオ スロアーガ(英語表記)Ignacio Zuloaga

20世紀西洋人名事典の解説

イグナシオ スロアーガ
Ignacio Zuloaga


1870.7.26 - 1945.10.31
スペインの画家
バスク地方エイバル生まれ。
ローマやパリに住み、印象派の画家達と交友を結び、エル・グレコゴヤなどを研究する。スペイン絵画の伝統を復活し、「暗いスペイン」をテーマに、キリストや魔女、闘牛士、地方風俗をテーマに描く。代表作に「自画像」(1898年)、「皮袋職人の小人グレゴリオ」(1907年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android