コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イコール・フッティング equal footing

世界大百科事典 第2版の解説

イコール・フッティング【equal footing】

互いに競合関係にある異なる交通手段の市場における競争条件を等しくすること。競争条件(基盤)の平等化と呼ばれることがある。鉄道事業は,用地レールといった基礎的な施設から電車,車両,さらに運転手,車掌,駅員等の労働まで,鉄道輸送を行うのに必要なすべての投入物を自ら調達し,そのために要する費用を回収するように運賃を決めている。これに対して,トラック,バス等の自動車輸送は基礎的な施設として道路を必要とするが,道路の建設・維持の財源には揮発油税軽油引取税等の自動車関係税の収入だけでなく,国・地方の一般財源が含まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イコール・フッティングの関連キーワードモーダルシフト総合交通体系

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android