コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサキ(伊佐木) イサキParapristipoma trilineatum

世界大百科事典 第2版の解説

イサキ【イサキ(伊佐木) Parapristipoma trilineatum】

スズキ目イサキ科の海産魚(イラスト)。別名イサギ。本州中部以南,東シナ海,台湾などに分布するが,暖流の影響の強いところに多い。九州でイッサキ,東北でオクセイゴなど地方により多くの呼び方がある。幼魚体側には明りょうな3本の暗褐色の縦帯があるが,体長20cmを超えるころからしだいに不明りょうになり消失する。全長40cmに達する。幼魚は沿岸の岩礁域で大きな群れをつくっているが,成長すると沖の根の岩の割れ目などにすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android