コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサキ(伊佐木) イサキ Parapristipoma trilineatum

1件 の用語解説(イサキ(伊佐木)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イサキ【イサキ(伊佐木) Parapristipoma trilineatum】

スズキ目イサキ科の海産魚(イラスト)。別名イサギ。本州中部以南,東シナ海,台湾などに分布するが,暖流の影響の強いところに多い。九州でイッサキ,東北でオクセイゴなど地方により多くの呼び方がある。幼魚の体側には明りょうな3本の暗褐色の縦帯があるが,体長20cmを超えるころからしだいに不明りょうになり消失する。全長40cmに達する。幼魚は沿岸の岩礁域で大きな群れをつくっているが,成長すると沖の根の岩の割れ目などにすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イサキ(伊佐木)の関連キーワードシロギスマダイアオギス伊佐木イトヨリオオニベキグチシロカワカジキソコイトヨリマカジキ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone