コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサベル・ファルネセ イサベル・ファルネセIsabel Farnese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサベル・ファルネセ
Isabel Farnese

[生]1692.10.25. パルマ
[没]1766.7.11. アランフェス
スペイン王フェリペ5世の妃。イタリア名エリザベッタ・ファルネーゼ。イタリアのパルマ公女としてファルネーゼ家に生れた。 1714年フェリペ5世の後妻となる。以後フェリペの没するまでの 32年間,彼を完全に支配してスペインの政治を掌握した。フェリペは最初の結婚で2人の息子をもうけていたので,イサベルの実子である4人の息子と3人の娘のスペイン王位相続の見込みはないように思われていた。そこで彼女の政治の中心は,イタリアのファルネーゼ家の領土を安定させることに集中し,それはヨーロッパの外交に 30年以上にわたって影響を与えた。結局,イサベルの意図は成功し,長男カルロス (のちスペイン王カルロス3世となる) はパルマ (1732) ,ピアチェンツァ (32) ,ナポリ (34) の支配を認められ,次男フェリペはパルマ公として承認された (48) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イサベル・ファルネセの関連キーワードクラッセ青海島鯨墓当道座狗張子王夫之岡白駒加藤枝直勢語臆断セーラム世間胸算用