コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサム・ノグチ(1904―1988)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イサム・ノグチ(1904―1988)

詩人野口米次郎と米国の作家レオニー・ギルモアの長男としてロサンゼルスで生まれた。少年期を日本で過ごし、渡米。彫刻を学ぶ。パリに留学し、抽象彫刻の巨匠ブランクーシに師事した。ニューヨークアトリエを構え、第2次世界大戦直後の「14人のアメリカ人展」(ニューヨーク近代美術館)に選ばれて世界的に名を知られるようになる。世界中を旅して制作活動を行い、69年には香川県牟礼町(現高松市)にもアトリエを構え、ニューヨークと往来しながら制作にあたる。代表作にパリのユネスコ本部庭園(58年)や大阪万博の噴水彫刻などがある。庭園や照明、舞台装置などの作品も多い。

(2008-03-05 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

イサム・ノグチ(1904―1988)の関連キーワードウォーカー(Peter Walker)ホイットニー・アメリカ美術館イサム・ノグチ庭園美術館エミリー モーティマー徳島県立近代美術館世界のおもな美術館牟礼(香川県)イサム・ノグチノグチ イサム土門拳記念館モエレ沼公園長谷川 三郎高松市美術館尾関 為四郎アメリカ美術11月17日ドウス昌代伊達冠石井上三綱環境芸術

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android