コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシガ オサム

2件 の用語解説(イシガ オサムの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

イシガ オサム

1910-1994 昭和-平成時代のキリスト者。
明治43年4月1日生まれ。クエーカー,無教会主義キリスト教に共鳴。東京帝大卒業後の療養生活中エスペラントスウェーデン語をまなぶ。昭和9年戦争反対者の国際的組織WRIに加入し,18年良心的兵役拒否を実行。戦後は筑陽学園高教諭をつとめる。平成6年10月17日死去。84歳。福岡県出身。本名は石賀修。著作に「神の平和」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

イシガ オサム

昭和・平成期の高校教師,翻訳家 良心的兵役拒否をしたキリスト者。



生年
明治43(1910)年4月1日

没年
平成6(1994)年10月17日

出生地
福岡県北九州市

本名
石賀 修

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部西洋史学科卒

経歴
東大在学中の昭和6年満州事変が起こり、戦争に疑問を持ち、クエーカーや無教会主義の非制度的なキリスト教に共鳴。大学卒業後は療養生活。9年国際的な戦争反対者の組織・戦争抗止者インタナショナル(WRI)に参加。同年良心的兵役拒否を決意して簡閲点呼に参加せず、岡山憲兵分隊に留置4カ月、罰金50円で釈放。この間、エスペラント、スウェーデン語を学び、17年からS.O.L.ラーゲルレーブエルサレム」(I・II)を翻訳。20年には国立療養所星塚敬愛園のハンセン病患者を看護。敗戦直前に応召されて衛生兵。戦後は筑陽学園高校教諭を務めた。46年兵役拒否の思想をつづった戦争中の日記をもとに「神の平和」を刊行。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イシガ オサムの関連キーワード川島浩関野英夫高瀬弘一郎谷山茂殿木圭一野村良雄松居桃楼松下忠森安達也柚木学

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone