コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシガ オサム

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

イシガ オサム

1910-1994 昭和-平成時代のキリスト者。
明治43年4月1日生まれ。クエーカー,無教会主義のキリスト教に共鳴。東京帝大卒業後の療養生活中エスペラントスウェーデン語をまなぶ。昭和9年戦争反対者の国際的組織WRIに加入し,18年良心的兵役拒否を実行。戦後は筑陽学園高教諭をつとめる。平成6年10月17日死去。84歳。福岡県出身。本名は石賀修。著作に「神の平和」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

イシガ オサム

昭和・平成期の高校教師,翻訳家 良心的兵役拒否をしたキリスト者。



生年
明治43(1910)年4月1日

没年
平成6(1994)年10月17日

出生地
福岡県北九州市

本名
石賀 修

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部西洋史学科卒

経歴
東大在学中の昭和6年満州事変が起こり、戦争に疑問を持ち、クエーカーや無教会主義の非制度的なキリスト教に共鳴。大学卒業後は療養生活。9年国際的な戦争反対者の組織・戦争抗止者インタナショナル(WRI)に参加。同年良心的兵役拒否を決意して簡閲点呼に参加せず、岡山憲兵分隊に留置4カ月、罰金50円で釈放。この間、エスペラント、スウェーデン語を学び、17年からS.O.L.ラーゲルレーブエルサレム」(I・II)を翻訳。20年には国立療養所星塚敬愛園のハンセン病患者を看護。敗戦直前に応召されて衛生兵。戦後は筑陽学園高校教諭を務めた。46年兵役拒否の思想をつづった戦争中の日記をもとに「神の平和」を刊行。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

イシガ オサムの関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門クエンティン タランティーノ平山郁夫トム ハンクスマーティン ランドー木村敏アンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android