コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシガ オサム

2件 の用語解説(イシガ オサムの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

イシガ オサム

1910-1994 昭和-平成時代のキリスト者。
明治43年4月1日生まれ。クエーカー,無教会主義キリスト教に共鳴。東京帝大卒業後の療養生活中エスペラントスウェーデン語をまなぶ。昭和9年戦争反対者の国際的組織WRIに加入し,18年良心的兵役拒否を実行。戦後は筑陽学園高教諭をつとめる。平成6年10月17日死去。84歳。福岡県出身。本名は石賀修。著作に「神の平和」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

イシガ オサム

昭和・平成期の高校教師,翻訳家 良心的兵役拒否をしたキリスト者。



生年
明治43(1910)年4月1日

没年
平成6(1994)年10月17日

出生地
福岡県北九州市

本名
石賀 修

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部西洋史学科卒

経歴
東大在学中の昭和6年満州事変が起こり、戦争に疑問を持ち、クエーカーや無教会主義の非制度的なキリスト教に共鳴。大学卒業後は療養生活。9年国際的な戦争反対者の組織・戦争抗止者インタナショナル(WRI)に参加。同年良心的兵役拒否を決意して簡閲点呼に参加せず、岡山憲兵分隊に留置4カ月、罰金50円で釈放。この間、エスペラント、スウェーデン語を学び、17年からS.O.L.ラーゲルレーブエルサレム」(I・II)を翻訳。20年には国立療養所星塚敬愛園のハンセン病患者を看護。敗戦直前に応召されて衛生兵。戦後は筑陽学園高校教諭を務めた。46年兵役拒否の思想をつづった戦争中の日記をもとに「神の平和」を刊行。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

イシガ オサムの関連キーワードトム ハンクス新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画シャ乱Q記者クラブ市川猿之助実験工房流れる

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone