コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシマキガイ(石散貝) イシマキガイClithon retropictus

1件 の用語解説(イシマキガイ(石散貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イシマキガイ【イシマキガイ(石散貝) Clithon retropictus】

汽水から淡水域にすむまるいアマオブネガイ科の巻貝。殻の高さ2.1cm,太さ2.5cm,球卵形で堅固。巻きは低くて4階,殻表は厚くて滑らかな黒褐色の皮で覆われる。その上に通常小さい三角形状の黄褐斑が多数あって,その1角は殻口のほうへとがっているが,それと対になって黒色の三角形斑があり,これは反対の方向にとがる。殻口は半円形で内面は帯青白色。ふたは石灰質で内側の下のほうに突起があって殻にはまり,とれにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone