コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシマキガイ(石散貝) イシマキガイ Clithon retropictus

1件 の用語解説(イシマキガイ(石散貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イシマキガイ【イシマキガイ(石散貝) Clithon retropictus】

汽水から淡水域にすむまるいアマオブネガイ科の巻貝。殻の高さ2.1cm,太さ2.5cm,球卵形で堅固。巻きは低くて4階,殻表は厚くて滑らかな黒褐色の皮で覆われる。その上に通常小さい三角形状の黄褐斑が多数あって,その1角は殻口のほうへとがっているが,それと対になって黒色の三角形斑があり,これは反対の方向にとがる。殻口は半円形で内面は帯青白色。ふたは石灰質で内側の下のほうに突起があって殻にはまり,とれにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イシマキガイ(石散貝)の関連キーワード海人小舟海水魚汽水汽水域知知武蜑小舟貝蜑貝泡舟貝さ小舟まるきぶね

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone