コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イジョラ岩 イジョラがんijolite

岩石学辞典の解説

イジョラ岩

亜優黒質な粗粒な顕晶質の岩石で,主にネフェリン(50~70%)と単斜輝石(エジリンオージャイト他)がほぼ等量含まれるもの.しばしばメラナイト石榴(ざくろ)石が存在する.霞岩の粗粒なものに相当する.ネフェリンの量が減少するとメルタイグ岩(melteigite)に移行する[Brögger : 1921, Johannsen : 1938].この岩石は以前にはネフェリン閃長岩(nepheline syenite)として記載されており,ラムゼイたちによってイジョラ岩と命名された[Ramsay & Berghill : 1891].フィンランド,クウサモ(Kuusamo)のイジョキ(Iijoki)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

イジョラ岩の関連キーワードハルツング岩霞石閃長斑岩ニリゴンゴ岩ブジェレツ岩アルカリ輝岩ファシン岩ウルト岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android