コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イジョラ岩 イジョラがん ijolite

1件 の用語解説(イジョラ岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

イジョラ岩

亜優黒質な粗粒な顕晶質の岩石で,主にネフェリン(50~70%)と単斜輝石エジリンオージャイト他)がほぼ等量含まれるもの.しばしばメラナイト石榴(ざくろ)石が存在する.霞岩の粗粒なものに相当する.ネフェリンの量が減少するとメルタイグ岩(melteigite)に移行する[Brögger : 1921, Johannsen : 1938].この岩石は以前にはネフェリン閃長岩(nepheline syenite)として記載されており,ラムゼイたちによってイジョラ岩と命名された[Ramsay & Berghill : 1891].フィンランド,クウサモ(Kuusamo)のイジョキ(Iijoki)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イジョラ岩の関連キーワード顕晶質ユーライト曹長斑岩ヨゴ岩アッピン岩ションキン岩ムリ岩メルタイグ岩霞岩アルカリ輝岩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone