コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスタクシワトル[山] Iztaccíhuatl

世界大百科事典 第2版の解説

イスタクシワトル[山]【Iztaccíhuatl】

メキシコ中央部,トラスベルサール山脈にある火山。別名イスタシワトルIxtacihuatl。標高5386m。オリサバ山,ポポカテペトル山に次ぐ同国第3位の高峰で,首都メキシコ市の東南東65km,メヒコ州とプエブラ州の境にあり,ポポカテペトル国立公園に属する。雪をいただいた三つの山頂をもち,1868年に最後の噴火があったが,現在は火口がない。山名はナワ語で〈白い女〉を意味する。【田嶋 久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイスタクシワトル[山]の言及

【トラスカラ】より

…人口2万5000(1990)。東にマリンチェ(4461m),西にイスタクシワトル(5286m)の同国を代表する火山を望み,サウアパン川河岸の標高2230~2250mに位置する。トウモロコシ,豆などの伝統的農業地帯の中核都市。…

※「イスタクシワトル[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android