イスハーク・アル・イスラーイーリー(読み)いすはーくあるいすらーいーりー(英語表記)AbŪ Ya‘qŪb Ishāq ibn Sulaimān al-Isrā'īlī

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスハーク・アル・イスラーイーリー
いすはーくあるいすらーいーりー
Ab Ya‘qb Isq ibn Sulaimn al-Isr'l

生没年不詳。10世紀前半に活躍したユダヤ系の医学者、哲学者。ラテン名はユダエウスIssac Judaeus。エジプト出身。チュニスのカイラワーンで活動し、ユダヤ人にギリシア科学を注目させた最初の人物となった。ファーティマ朝の建設者ウバイド・アッラーフ・アル・マフディ‘Ubayd Allh al Mahd(?―934)の侍医で、アラビア語で多くの医学書を書いた。主著は『尿の書』Kitb al-bawlで、これは尿に関する中世最良の書とされた。そのほか『熱病の書』Kitb al-hummaytもあり、元素に関する論文もある。[平田 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android