コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イズボリスキー Aleksandr Petrovich Izvol'skii

2件 の用語解説(イズボリスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イズボリスキー【Aleksandr Petrovich Izvol'skii】

1856‐1919
帝政ロシア末期の外交官,政治家。1894‐1906年に,バチカンベオグラードミュンヘン,東京,コペンハーゲンの各公使を歴任して,06年5月,外相に就任。親英親独外交でストルイピン体制を支えた。07年には英露協商締結に参加。さらにダーダネルス海峡をめぐり,オーストリアと協定した(1908年9月)が,この結果,オーストリアがボスニアヘルツェゴビナを併合するところとなり,彼は外交的敗北を喫した。09年10月の露伊協定でも挽回できず,10年9月外相解任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イズボリスキー
いずぼりすきー
Александр Петрович Извольский Aleksandr Petrovich Izvol'skiy
(1856―1919)

ロシアの政治家、外交官。駐独、駐日大使などを経て、1906~10年外務大臣。07年イギリス・ロシア協商日露協約の締結に努めるなど列強との協調策をとったが、08~09年のオーストリアのボスニア・ヘルツェゴビナ両州の併合によって威信を失墜した。10年大臣の職を辞した。10~17年駐仏大使。17年5月引退し、フランスに亡命。革命政権への干渉戦争の準備に奔走した。[栗生沢猛夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イズボリスキーの関連キーワードウィッテ外交官カデットゴルチャコフインテリゲンチャ虚無党ニヒリストオロシャ寺見機一スクリャービン(スクリアビン)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone