イズボリスキー(英語表記)Aleksandr Petrovich Izvol'skii

世界大百科事典 第2版の解説

イズボリスキー【Aleksandr Petrovich Izvol'skii】

1856‐1919
帝政ロシア末期の外交官,政治家。1894‐1906年に,バチカンベオグラードミュンヘン,東京,コペンハーゲンの各公使を歴任して,06年5月,外相に就任。親英親独外交でストルイピン体制を支えた。07年には英露協商締結に参加。さらにダーダネルス海峡をめぐり,オーストリアと協定した(1908年9月)が,この結果,オーストリアがボスニアヘルツェゴビナを併合するところとなり,彼は外交的敗北を喫した。09年10月の露伊協定でも挽回できず,10年9月外相解任。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イズボリスキー
いずぼりすきー
Александр Петрович Извольский Aleksandr Petrovich Izvol'skiy
(1856―1919)

ロシアの政治家、外交官。駐独、駐日大使などを経て、1906~10年外務大臣。07年イギリス・ロシア協商、日露協約の締結に努めるなど列強との協調策をとったが、08~09年のオーストリアのボスニア・ヘルツェゴビナ両州の併合によって威信を失墜した。10年大臣の職を辞した。10~17年駐仏大使。17年5月引退し、フランスに亡命。革命政権への干渉戦争の準備に奔走した。[栗生沢猛夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android