コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イズマイール Izmail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イズマイール
Izmail

ウクライナ南部,オデッサ州の都市。ドナウ川最下流部の分流のうち,最北を流れルーマニアとの国境をなす主要分流の北岸,河口から約 80kmさかのぼった地点にある河港都市で,外洋船も遡航可能。厚紙製造コンビナート,船舶修理,煉瓦,缶詰,水産物加工,油脂などの工場がある。 16世紀からトルコの要塞として知られていたが,18世紀末のロシア=トルコ戦争に際して,A. V.スボーロフ将軍の率いるロシア軍が占領した。要塞は現在も残っており,スボーロフ記念博物館がある。市郊外の丘陵には果樹園が散在し,非常に美しい景観となっている。人口9万 5000 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イズマイールの関連キーワードクトゥーゾフ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android