コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イズレル Jezreel; Esdraelon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イズレル
Jezreel; Esdraelon

パレスチナの古代の地名。 (1) アハブ王時代 (前9世紀) のイスラエル (北) 王国の首都。かつてサウル王がペリシテ人と戦って敗死したギルボア山中にあった。旧約聖書の『ユデト書』ではエスドラエロン,十字軍時代には,パルブム・ゲリヌムと呼ばれた。 (2) イズレル渓谷 (エメック・イズレル) 。エスドラエロン平野とも呼ばれる。そこにヨルダン河谷と海岸平野を結ぶ交通路が通ったので,新石器時代から繁栄した。 (3) パレスチナ南部,ユダ (南) 王国の一都市名。現イスラエルのギルベットタラマと同定される。イスラエル (北) 王国のエフ王 (在位前 842~815) のとき,ここで大虐殺が行われ,預言者ホセアの長男はこれを記念してイズレルと名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android