コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソギク(磯菊) イソギクChrysanthemum pacificum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソギク(磯菊)
イソギク
Chrysanthemum pacificum

キク科の低木状多年草で,南関東から東海地方にかけての海岸の崖などに生じる。地下茎が長く走り,茎は斜上して高さ 20~40cmになり基部は木化する。葉は茎の上部に密に互生し,やや長めの倒卵形で上半部は浅く羽裂する。葉の上面は緑色,下面は白毛が密生して銀白色,質は厚く,折ると芳香がある。秋に,茎の頂部に多数の黄色の頭花を集めてつける。個々の頭花は径数 mmで,管状花だけからなるが,ときに頭花の外周に舌状花が並ぶものがあり,ハナイソギク C.pacificumf radiatumと呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android