コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソギンポ(磯銀宝) イソギンポ Pictiblennius yatabei

1件 の用語解説(イソギンポ(磯銀宝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イソギンポ【イソギンポ(磯銀宝) Pictiblennius yatabei】

スズキ目イソギンポ科の海産魚(イラスト)。太平洋側は福島県,日本海側は山形県以南の日本各地,朝鮮半島に分布している。全長約10cmまでの小型の魚で,体はやや細長く,うろこはない。背びれは1基で長く,体の背縁のほぼ全縁に沿ってある。眼の上には縁辺が櫛歯(くしば)状に大きく分枝した1皮弁があり,幼魚と雌では眼径にほぼ等しいが,成熟した成魚では長く,ときに眼径の3倍くらいに達する。体色は一般に茶褐色で,多数の暗色斑があるが,周囲の状況に合わせ変異に富んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソギンポ(磯銀宝)の関連キーワードシロギスブリマダイメゴチアオギスアサヒダイイトヨリオオニベキグチソコイトヨリ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone