イソダンツウ

海藻海草標本図鑑の解説

イソダンツウ

からだは糸状で非常に小さく,岩上をはって,マット状に不規則な叢生をする。枝は不規則な叉状分枝をし,先端は尖る。枝は密にからまり合い,枝と枝の接する部分では根様突起(枝拡大写真の矢印先)が出て枝同士が融合する。生態は濃紅色〜褐色。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android