コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソマツ(磯松) イソマツLimonium wrightii (Hance) O.Kuntze

1件 の用語解説(イソマツ(磯松)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イソマツ【イソマツ(磯松) Limonium wrightii (Hance) O.Kuntze】

日本南部の海岸の岩場に生えるイソマツ科の小低木状の多年草イラスト)。茎が松の幹に似ているので,和名がある。茎は,太く短く枝分れして斜上する。葉は枝の先端に多数集まり,質は厚く,倒披針形,長さ2~5cm,幅4~7mm。8~9月に多数に分枝した花茎を伸ばし,多数の小穂を円錐状につける。小穂の基部には苞があり,また小穂は2枚の小苞に包まれる。萼は筒状で,浅く5裂し,花冠は筒状で5裂し,紅紫色。伊豆七島小笠原諸島屋久島,琉球,台湾に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone