コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソマツ(磯松) イソマツ Limonium wrightii (Hance) O.Kuntze

1件 の用語解説(イソマツ(磯松)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イソマツ【イソマツ(磯松) Limonium wrightii (Hance) O.Kuntze】

日本南部の海岸の岩場に生えるイソマツ科の小低木状の多年草イラスト)。茎が松の幹に似ているので,和名がある。茎は,太く短く枝分れして斜上する。葉は枝の先端に多数集まり,質は厚く,倒披針形,長さ2~5cm,幅4~7mm。8~9月に多数に分枝した花茎を伸ばし,多数の小穂を円錐状につける。小穂の基部には苞があり,また小穂は2枚の小苞に包まれる。萼は筒状で,浅く5裂し,花冠は筒状で5裂し,紅紫色。伊豆七島小笠原諸島屋久島,琉球,台湾に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソマツ(磯松)の関連キーワード磯海綿磯鵯磯松黒松珊瑚藻色丹草磯子潮菊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone