コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソムラサキ

海藻海草標本図鑑の解説

イソムラサキ

からだは扁平した細い紐状。からだの両縁から枝や小枝を密に互生に出す。枝の先端は尖り,若い個体では枝の先端に毛状枝を持つ。枝の中心部が厚くなってい るため中肋状に見える。からだは1層の皮層細胞に覆われ髄部は大きな細胞からなり,6〜8個の周心細胞を持つ。波あたりの強い場所の狭い範囲に叢生してい る。手触りはやや硬く,ザラつきがある。生体は赤褐色〜濃紅紫色。押し葉標本は台紙によくつかない。また,押し葉標本にすると紫色のシミができるらしい (我々の標本ではシミができたことがない)。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android