コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソモク

海藻海草標本図鑑の解説

イソモク

付着器は糸状根(繊維状根)からなる。糸状根は数回分岐し,岩面を匍匐する。茎は直径1.5〜2mm,非常に短く(1.5cm以下),円柱状またはやや角 張り,数年生残し,数本の主枝を毎年生ずる。主枝は太さ2mm程度で,長く(30〜50cm),やや丸みを帯びた稜を持つ3稜形を呈し,ねじれる。主枝か らは側枝を多数生じるが,それらはあまり長くならない。葉は各枝より互生に生じ,中肋を持つ楕円形から,縁辺に粗い鋸歯を持つ紡錘形またはなぎなた形であ る。気胞は小さく,洋梨形から紡錘形で,頂端に小突起か細い糸状の冠葉を持つ。春から夏にかけて成熟する。生殖器床は円柱状で先端は細くなり,短い柄を持 つ。雌雄異株

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報