コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタチムシ(鼬虫) イタチムシ

世界大百科事典 第2版の解説

イタチムシ【イタチムシ(鼬虫)】

腹毛綱Gastrotrichaに属する袋形動物の総称,またはその1種。腹毛綱は腹毛動物門として扱われることも多い。イタチムシChaetonotus nodicaudus(=Polymerurus nodicaudus)(イラスト)は体長約0.3mm,体幅0.036mmほどで,夏に池や沼に出現し,水中のものの上をはったり,滑るように泳ぐ。一様に淡い橙色の体色と,その泳ぐさまからイタチムシの名がある。ときには2本の長い尾突起で跳躍する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イタチムシ(鼬虫)の関連キーワード腹毛虫類

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android