コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリアの憲法改正手続き

1件 の用語解説(イタリアの憲法改正手続きの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イタリアの憲法改正手続き

改憲案は、拙速な可決を避けるため、国会の上下両院でそれぞれ3カ月以上の期間をあけて2度の可決が求められる。過半数で可決する。ただ、2回目の採決で両院とも3分の2以上の賛成が得られなかった場合、反対派は国民投票を要求することができる。50万人の有権者、あるいは五つの州議会から請求があれば国民投票が実施される。

(2013-05-28 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イタリアの憲法改正手続きの関連キーワード拙速待避壕都塵別火屋厄月三舎を避ける人目を避ける避け韓国の大統領制と改憲国民投票法による改憲手続き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone