コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア総選挙制度

1件 の用語解説(イタリア総選挙制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イタリア総選挙制度

05年、当時のベルルスコーニ政権がそれまでの小選挙区中心の制度を廃止し、比例代表制に変えた。上院と下院の全議席を改選する。多数派優遇の議席配分。下永定数630)は最大得票の政党・政党連合に340議席が割り当てられ、上永同315)は20の州それぞれで1位の政党・政党連合に定数の55%の議席が配分される。上下両院の権限は同じなため、政権発足には両院で過半数を獲得して信任を得る必要がある。

(2008-04-15 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone