コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア総選挙制度

1件 の用語解説(イタリア総選挙制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イタリア総選挙制度

05年、当時のベルルスコーニ政権がそれまでの小選挙区中心の制度を廃止し、比例代表制に変えた。上院と下院の全議席を改選する。多数派優遇の議席配分。下永定数630)は最大得票の政党・政党連合に340議席が割り当てられ、上永同315)は20の州それぞれで1位の政党・政党連合に定数の55%の議席が配分される。上下両院の権限は同じなため、政権発足には両院で過半数を獲得して信任を得る必要がある。

(2008-04-15 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イタリア総選挙制度の関連キーワードノベルベルルスコーニプロディ新政権(伊)カルルス泉塩述懐フォルツァイタリアプチ・ブルー・ド・ガスコーニュイタリアの政党連合オリーブの木政権と右翼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone