コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチェリシャハル İçəri Şəhər

デジタル大辞泉の解説

イチェリ‐シャハル(İçəri Şəhər)

アゼルバイジャンの首都バクーの旧市街。かつては二重の城壁に囲まれていたが、現在は12世紀に築かれた内側の城壁のみが残る。城壁内にはゾロアスター教ササン朝ペルシアオスマン帝国などの影響を受けた歴史的建造物が多く残っており、2000年に「城壁都市バクー、シルバンシャー宮殿、および乙女の塔」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。イチェリシェヘル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イチェリシャハルの関連キーワード城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔アゼルバイジャン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android