コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチゴと品種登録

1件 の用語解説(イチゴと品種登録の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イチゴと品種登録

江戸時代にオランダから伝わったとされ、全国の収穫量は19万1400トン、作付面積は6580ヘクタール(07年産)。種苗法に基づき180品種が登録されている。品種登録者(育成者権者)は独占権が得られ、生産者から許諾料を取ることができる。栃木県は「とちおとめ」、佐賀県は「さがほのか」の栽培を他県の生産者にも許可しているが、福岡県の「あまおう」や熊本県の「ひのしずく」は認めていない。

(2009-04-27 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イチゴと品種登録の関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷オランダ海芋オランダ渡り割瓜蘭医蘭方オランダ下りカルサイ須多綿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone