コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチゴと品種登録

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イチゴと品種登録

江戸時代にオランダから伝わったとされ、全国の収穫量は19万1400トン、作付面積は6580ヘクタール(07年産)。種苗法に基づき180品種が登録されている。品種登録者(育成者権者)は独占権が得られ、生産者から許諾料を取ることができる。栃木県は「とちおとめ」、佐賀県は「さがほのか」の栽培を他県の生産者にも許可しているが、福岡県の「あまおう」や熊本県の「ひのしずく」は認めていない。

(2009-04-27 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

イチゴと品種登録の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android