コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチメガサ

1件 の用語解説(イチメガサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

イチメガサ

からだは平たい線状。中肋を持つ。分枝は叉状または互生的で,基部は細くなり枝先端部は二叉に分かれ細く尖る。下部は褐色の毛で覆われており岩上などに着 生している。髄層は無色の円形から多角形の細胞からなり,皮層は色素を持った小さな細胞が1〜2層並ぶ。通常見かけるのは胞子体であり,配偶体は糸状。小 枝の先に円錐形の胞子嚢群を形成する。和名はこの胞子嚢群の形が市女笠に似ていることに由来する。手触りは硬くセルロイド質。生体は明褐色。押し葉標本は 台紙につかない。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イチメガサの関連キーワードアカモクイギス所帯を持つ太鼓を持つ中肋提灯を持つ平樽犬槐ホソメコンブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone