イチョウ(銀杏/公孫樹)(読み)イチョウ

百科事典マイペディアの解説

イチョウ(銀杏/公孫樹)【イチョウ】

中国原産といわれるイチョウ科の落葉高木。葉は扇形で切れ込みがあり,秋鮮やかに黄葉する。雌雄異株。4月開花し受粉するが,受精は10月,種子の成熟直前に行われる。イチョウの精子は1896年平瀬作五郎により種子植物としてはじめて発見された。種子の外種皮は黄褐色,多肉で悪臭がある。白くかたい内種皮に包まれた胚乳は銀杏(ぎんなん)といい,食用。種子が奇形的に葉に生ずるものをオハツキイチョウという。寺社の境内,庭,街路に広く植えられ,また盆栽とする。材は黄白色で均質で将棋盤や駒,細工物に利用。なお,ときに幹や枝から気根をたれるが,これを乳(ちち)という。
→関連項目遺存種

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android