イチョウシダ(銀杏羊歯)(読み)イチョウシダ(英語表記)Asplenium ruta-muraria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチョウシダ(銀杏羊歯)
イチョウシダ
Asplenium ruta-muraria

チャセンシダ科の常緑性シダ植物。石灰岩地帯に生育し,北海道から九州と,ユーラシア大陸の温帯に広く分布する。根茎は斜上し,披針形黒褐色鱗片をもつ。葉は長さ 5cm前後で,葉身は2回羽状,小羽片イチョウの葉のような形をしており,胞子嚢群線形

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android