コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチヨウラン(一葉蘭) イチヨウランDactylostalix ringens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イチヨウラン(一葉蘭)
イチヨウラン
Dactylostalix ringens

ラン科の小型の多年草。高山性で本州中部以北の針葉樹林中に生じる。地上にただ1枚の卵形の葉を出すのでこの名がある。地下浅く,小さな多肉の根茎があり,この根茎から生じる1枚の葉は短い葉柄があり,葉面は濃い緑色で3本の葉脈が目立つ。5~6月に,高さ 10cmほどの花茎を1本出し,頂端に1個の花をつける。花は横向きに咲いて,径 3cmほどもあり,白色の唇弁には美しい紅色の斑点がある。株全体に比べて花が大きいのでよく目立ち,気品のある花容とともに山草家の間で珍重される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イチヨウラン【イチヨウラン(一葉蘭) Dactylostalix ringens Reichb.f.】

シュンランに似た花と,地表近くに出る肉厚の1枚の葉が特徴的な,地生のラン科植物(イラスト)。根茎は短くはう。葉柄をもつ葉は1枚が地表近くに展開し,やや多肉で長さ3~5cm,幅3~4cmの卵形。和名はこの1枚の葉に由来する。6~7月,10~15cmの花茎の頂端に1花をつける。花は横向きに開き,直径約3cm。萼片および花弁は開出し,淡緑色の線状披針形で,長さ2~2.5cm。唇弁は卵形で3裂し,中央部と側裂片に紅紫色の斑紋がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イチヨウラン(一葉蘭)の関連キーワードシュンラン