コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッコウチョウ(一紅鳥) イッコウチョウribbon finch

世界大百科事典 第2版の解説

イッコウチョウ【イッコウチョウ(一紅鳥) ribbon finch】

スズメ目カエデチョウ科の鳥(イラスト)。全長約12cm,スズメより小さい。雌雄異色。茶褐色に黒色の細かい横斑が並んでいる。雄はほおからのどによく目だつ紅赤色の大斑があり,腹部にも栗色の大斑がある。雌はほおからのどの赤色斑がなく,腹の栗色斑も不明りょう。体の割りには大きいぶあついくちばしをもつ。サハラ砂漠以南のアフリカサバンナ,低木林,農耕地,砂漠草原などにすみ,1夫1妻で繁殖する。巣は低木の茂みや木の洞穴の中につくり,袋状で入口に短いトンネルがついている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android