イットリア(英語表記)yttria

翻訳|yttria

大辞林 第三版の解説

イットリア【yttria】

酸化イットリウム。化学式 YO 無色の粉末で、水に溶けず、希酸に溶ける。蛍光材、磁性材料、レーザー材料などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のイットリアの言及

【イットリウム】より

…周期表元素記号=Y 原子番号=39原子量=88.9059地殻中の存在度=33ppm(26位)安定核種存在比 89Y=100%融点=1495℃ 沸点=2927℃比重=4.45電子配置=[Kr]4d15s2 おもな酸化数=III周期表第IIIA族に属する希土類元素の一つ。1794年フィンランドのガドリンJohann Gadolinは,スウェーデンのストックホルム近郊イッテルビーYtterby産の鉱物から新しい酸化物を発見し,産地にちなんでイッテルビアとよんだが,のちイットリア(イットリウムの酸化物の意)とよぶようになった。1843年スウェーデンのモサンデルCarl Gustav Mosanderはこのイットリアを3成分(イットリア,テルビア,エルビア)に分けることに成功し,その一つであるイットリアから得られた元素に旧名イットリウムを保留し,テルビア,エルビアから得られた2元素にそれぞれテルビウムエルビウムの名を与えた。…

【エーケベリー】より

…1795年ラボアジエの体系にもとづく新しい化学命名法を初めてスウェーデンに導入した。97年,発見されたばかりの新元素酸化物イットリアについて詳細な研究を匿名で発表,また1802年には新元素タンタルを発見した。これは前年に発見されたコロンビウム(ニオブ)と混同されたが,46年になって別の元素であることが確証された。…

※「イットリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android