コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イディオ・サバン idiot savant[フランス]

1件 の用語解説(イディオ・サバンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イディオ・サバン【idiot savant[フランス]】

精神医学の用語。全体としては知能の発達がおくれているが,ある特定の面についてだけはすぐれた才能をもつ精神遅滞者をいう。地名,駅名,番号,カレンダー,時刻表などの機械的記憶にたくみな場合が多く,そのため近年では小児自閉症との異同が問題にされるが,音楽や絵画に秀でることもある。フランスで発見され研究されたのでこの語が世界的に通用するが,日本語では〈聡明な白痴〉〈白痴の天才〉などと訳される。【宮本 忠雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イディオ・サバンの関連キーワードクレペリン精神医学精神衛生精神病理学アニマアニムス低能ビネーの定式(精神医学)神戸文哉新福尚武

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone