コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イディマード・アッダウラー廟 イディマード・アッダウラーびょうMausoleum of the Ittimad al-Daula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イディマード・アッダウラー廟
イディマード・アッダウラーびょう
Mausoleum of the Ittimad al-Daula

インド,アーグラにあるムガル王朝時代の墓廟。ムガル帝国第4代皇帝ジャハーンギールの妃ヌール・ジャハーンが,両親のため 1628年に建てた。墓廟は白大理石の透かし彫りや美しい色石の象眼を多用したもので,4本の塔を配した構成とともに,有名なタージ・マハルの発想の源となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android