コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトゲノマユハキ

海藻海草標本図鑑の解説

イトゲノマユハキ

からだは細い糸状の房からなる。分枝はあまり多くなく,叉状もしくは三叉状となる。分岐点のすぐ上の部分がくびれ,くびれる位置は対称的となる。基部は茎状とならない。手触りはやや堅めでガサガサとした感じがある。生体は緑色からやや白みがかった緑色。マユハキモに似ているが,マユハキモはより細く手触りが柔らかい。また,分枝の上のくびれの位置が対称とはならず,基部が茎状となる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android