コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトトンボ(糸蜻蛉) イトトンボ

1件 の用語解説(イトトンボ(糸蜻蛉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イトトンボ【イトトンボ(糸蜻蛉)】

トンボ目均翅亜目イトトンボAgrionidaeの昆虫の総称。小型の種類は俗にトウスミトンボ呼ばれる。日本からは27種が知られ,体長約2cmのヒメイトトンボAgriocnemis pygmaeaからオオセスジイトトンボCercion plagiosumの体長約4.5cmまであり,いずれも湿地,水田,池沼などの停水に育つもので,急流や深い河川には見られない。コフキヒメイトトンボA.femina oryzae琉球諸島および九州,四国と山口県の低地だけに見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イトトンボ(糸蜻蛉)の関連キーワードトンボロ青糸蜻蛉黄蜻蛉早苗蜻蛉塩辛蜻蛉羽黒蜻蛉昔蜻蛉糸蜻蛉川蜻蛉赤トンボ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone