コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトヒキ いとひき

世界大百科事典内のイトヒキの言及

【イトヨリダイ(糸撚鯛)】より

…イトヨリと呼ばれることも多い。また舞鶴でイトヒキ,和歌山でボチョ,高知県須崎でヤモメ,松江でイトヒキコビリ,鹿児島でアカナなどと呼ばれる。本州中部以南,東シナ海に分布する。…

【ハタタテダイ(旗立鯛)】より

…背びれの第4棘(きよく)が糸状にのび,その白い鰭膜(きまく)がひらひらと美しく,旗指物を立てているように見えるのでこの名がある。ハタタテダイは江の島付近の呼名だが,イトヒキ(三崎),キョウゲンバカマ(和歌山),サンバソウ(浜田),ノボリダイ(田辺),ハタタテ,ホタテ(長崎)などの呼名が各地にある。体はひし形に近く,白い体側に2条の幅広い黒色縦帯が鮮やかで,背びれ,尾びれ,胸びれなどの黄色と映えて水族館の人気者。…

※「イトヒキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イトヒキの関連キーワードハタタテダイ(旗立鯛)イトヨリダイ(糸撚鯛)チゴダラ(稚児鱈)サンキャクウオウケグチダラアジ(鰺)暖海性魚類ハマキガヒラアジ糸引鰯三脚魚糸縒鯛アジ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android